債務整理は弁護士か?司法書士か?

多額の借金にどうにも対応できなくなった時、いよいよ債務整理を決意しようと決めたまではいいのですが、実際にどこに相談するのが適切なのか、また確実なサポートを受けられ費用を抑えられるのか、誰でもそんなことを考えると思います。

少し調べると浮上するのですが、債務整理を依頼する先は弁護士と司法書士の選択肢があることがわかります。しかし、弁護士と司法書士の違いを理解している人はほとんどいらっしゃらないでしょう。

まず弁護士と司法書士の違いを理解するべきなのですが、ここでは債務整理に関する部分だけに注目して比較して見ます。

司法書士と弁護士の違い

【弁護士はオールマイティ】

ざっくりとしたイメージとしては弁護士は法に関するあらゆるトラブル解決、相談について対応してもらえるオールマイティな立場にあります(得意分野があるという側面はここでは割愛します)

裁判へ参入する資格がある

【司法書士は専門特化】

一方で司法書士は一部の範囲に特化した案件について対応出来る立場にあり、逆にいうと対応できる案件の範囲には制限があるということになります。

裁判へ参入する資格はない

どっちが良いか

このような比較の仕方ですと、圧倒的に弁護士に依頼した方が良さそうな物ですが、司法書士は一部の範囲に特化している分、より専門的な仕事が出来る上に、往々にして弁護士よりも費用が安いという特徴があります。

(もちろん例外もあります)

そして、債務整理についての手続きは弁護しに依頼しても、司法書士に依頼しても手続きを完了することは可能です。

今度は司法書士に依頼したほうが良さそうな気もしてきましたね。

ところが債務の状況によっては司法書士では無く、弁護士に依頼すべき案件もある事に注意しなければなりません。

司法書士には債務の上限金額がある

債務整理の案件において司法書士は「債務の合計額」や「過払い請求額」が140万円以下の案件しか扱えないという制限があります。

過払い請求を行うケースのベストは全てを完済した後、過払い金を請求するという形になりますが、その場合過払い請求額が140万円を超えない場合は問題ありません。

ただし、超えてしまう場合は司法書士では扱えないという理由から「減額して交渉する」といった例が意外なことに少なく無い印象です。つまり本来160万円返還請求できるところを、130万円にして和解させるといった具合です。

司法書士は140万円までが限度です

また、自己破産や個人再生においては債務の総額が140万円を超える事は珍しくありませんが、140万円を超える案件を司法書士に依頼すると、司法書士には裁判に参入する権限を持たないため、裁判手続きを自分で行わなければならず、度々裁判に行く事になる上に、なおかつ裁判所にも一人で足を運ばなければなりません。

ただし、過払い請求に関しては裁判手続きが発生することがないため司法書士の方がメリットが高いです。

このように140万円を超える債務についての自己破産を行う場合は、司法書士に依頼した場合、手続き的な手間が負担になることはもちろん、通常は裁判所に足を運ぶといった行動は精神的な負担にもなり、得策とは考えにくいと言えます。

100万程度なら弁護士より司法書士の方が費用は削減できる

債務整理にかかる費用については上限という物が定められているため、弁護士に依頼するととんでもなく高いという事はありません。ただ、100万円以内の借金問題について司法書士の制限を受けない金額に収まる案件については司法書士に依頼することで若干費用を軽減することはできるかもしれません。

もともと司法書士は弁護士が都市部に集中していることから、過疎地の需要を賄うために設けられた制度で、繰り返しになりますが弁護士の仕事の一部の範囲を担当する役割を持っています。

ご自身の債務の状況によっては最寄りの司法書士の方に依頼することがベストとなり得る事もありますし、自己破産や任意整理のようにまとまった金額を整理される場合は、少々事務所が遠い場所にある場合でも弁護士に依頼する方がさまざまな負担が軽減されますし、スムーズに手続きを進める事ができます。

いろいろと不安で任せたいということであれば弁護士ならとりあえず安心という点もあります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融や融資を受けて毎月借金の返済に追われている人の気持ちは痛いほどわかります。私も借金…
  2. 利息制限法と出資法が混在していた2010年以前に消費者金融などでカードローンを利用され、20%を超え…
  3. 消費者金融などのカードローンを使っている方がテレビCMなどで「払いすぎた利息が帰ってきます」といった…
PAGE TOP