毎月の収入と返済額のバランスについて

何かの理由でやむなく借金をするようになる場合、収入と返済額のバランスというのは非常に重要な話です。

そして、返済額というものは借入額によって左右される物のため、借入を始めた頃はバランスがとれていても、借金が増えるにつれてそのバランスが崩れてしまうということが起こりえます。

借入額と毎月の返済額を確認する

借金の増え方についても2社3社と借入会社を増やせばそれだけ返済額が大きくなるのは誰にでも想像はつきますが、たとえ1社からの借入であったとしても、最初は30万円程度の借入だった場合は毎月の返済は9,000円足らず(一般的なカードローンの場合)ですが、増額を重ねて100万円まで借りた場合は毎月の返済は30,000円程度までふくれあがります。

収支と出費の天秤

この金額がムリに近い金額なのか、楽に返済できる金額なのかは当然収入によって違うわけですが、各自の収入に対して返済に充てられる金額を把握することで、借入できる限界というものが逆算できるはずです。

先ほどの例では毎月2万円程度なら返済に回しても生活に支障がないと判断される方は、100万円の借入を行ってはいけないということになります。その為、やむを得ない理由で100万円の借り入れを行う必要に迫られているという場合は、収入を増やすための策をとらなければなりません。

転職や副業のアルバイトなどが行える場合は借入を検討しても良いと思われますが、収入と返済額のバランスが明らかに取れないと分かっている状況では当然のことでは有りますが借入をするべきではありません。

収支の予測

既に何かやむを得ない理由で複数社からの借入があり、その返済額が収入に対して過剰担ってしまっている状況に陥っている方もいらっしゃるかと思われます。

そのようなケースを全て解消できるわけではありませんが、銀行のおまとめローンを利用することでそのバランスを改善することが出来る可能性があります。

おまとめローンが可能なら選択肢としてあり

おまとめローンはその名の通り、複数の借入を一つにまとめる為の金融商品で、とくに消費者金融や信販会社のクレジットカードなどの支払いが困難になっている方を対象としているローンです。

おまとめローンでは一本化されることで、毎月の返済額を小さくすることが可能である他、金利を圧縮する効果も見込めるため、複数の借入で返済が困難になっている方は積極的に取り入れるべきだと思います。

当然消費者金融などと比較すると銀行のローンは金利面で有利になっているため、毎月支払う金利についても小さくなりますし、それに応じて元本の返済が進むため、返済の目処が付くのはもちろん、複数社に返済を続けるよりも早く完済することが可能になるケースが多くあります。

ただし、すでに今の借金の返済遅れなどで信用機関に事故登録などをされていた場合、当然ながらおまとめローンを利用することも不可能です。

おまとめローンも立派な借入になるため、一度自身の信用登録も確認しておくとよいです。

 

収入を増やすことは容易ではありません

常識的に考えて返済額が大きくなったからといって、収入を増やすということは安易なことではありません。そのような大前提があるということは、自分が利用できる借入額というものをある程度把握しておく必要があり、その範囲内で生活・行動をすることが大切になってきます。

借入を増やさない

特に複数社にまたがる借入については自身の収入から算出できる返済能力を超えてしまうケースは多いようです。

最近ではカードローンやクレジットカードが誰でも気軽に作れる背景がありますが、一応総量規制という名目で年収の1/3までしか利用できないようにはなっています。

とはいえ、全ての家庭において年収の1/3までが気軽に返済を続けられる金額であるとは限りません。そのうえ、銀行のカードローンについては総量規制の対象外となっているため、その規制を簡単に超えてしまえる可能性すらあります。

借金返済のいくつかの手段
多重債務に陥った状況では、とにかく必死に返済することで解決する場合はそれが一番ベストだと思われます。 しかし、返済が非常に困難な状況になったり、借金返済のために生活や健康に支障が出てくるようになるようであれば何かし...

借金の返済額だけではなく、収入と支出のバランスをしっかり把握した上で、収入と借入額のバランスが妥当な物なのかどうか、必要としている借入額が妥当な金額であるのかどうかという事を認識した上で借入を行う必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 利息制限法と出資法が混在していた2010年以前に消費者金融などでカードローンを利用され、20%を超え…
  2. 消費者金融などのカードローンを使っている方がテレビCMなどで「払いすぎた利息が帰ってきます」といった…
  3. 借金ができてしまう原因は本当にさまざまです。ただし借金をするにはある程度の収入がある必要がありますの…
PAGE TOP