借金が減らない人のために借金を減らせた私の経験談を語ります。

消費者金融や融資を受けて毎月借金の返済に追われている人の気持ちは痛いほどわかります。

私も借金の返済を何年も繰り返して

  • 「借金が減らない」
  • 「滞納してしまっている」
  • 「借金について誰にも話せない」
  • 「支払いにずっと怯え生きた心地がしない」

こういう悪循環で日々気持ちが落ち込み頑張れる気力さえも奪われます。

そして借金のせいで税金さえも払えず住民税や健康保険の滞納や差し押さえ予告のお知らせも届きました。

自分が借りたお金のせいで税金もまともに払うことができない状況まで陥っていることを通知で改めて思い知らされます。

もうここまで来ると生きた心地がしない状況をずっと繰り返してきました。

私の借金はMAXで総額200万円

私は最初にクレジットカードを作成して30万円の限度額を与えられました。そのときにはクレジットカードで支払いをして一括で支払うサイクルで理想的な支払い方法で使っていました。

ただし高価なものを購入できる・手が届かない物がカード1枚で購入できるという甘い考えから「クレジット決済後にリボ払い」に変更しました。

これが悪循環の始まりで当時正社員だった私はカードを複数作っても予想以上の限度額を与えられ調子に乗って行きました。

また決済にクレジットカードや消費者金融からキャッシングを行ってもしっかりと返済をしていれば勝手に限度額が上がるんです。

クレヒスと言われるようですが、使ってもしっかり返済していサイクルであれば信用情報には「良顧客」として登録されると思われるので限度額の自然と上がっていったのでしょう。

そしてすべてのカードの限度額を使い切り、毎月の返済金額は10万を超え、私の借金に追われる生活がスタートました。

借金が減らないのは利息ばかりを支払っているから

毎月高額の支払い額が厳しくなり私は毎月の最低額の支払い余儀なくされ、ギリギリな生活を送っていました。

ただしその最低額の支払いを行いながらも何年経っても借金が減らないことに気が付きふと支払っている借金の明細をよく見てみました。

実際に「借金が減った気がしない」「いくら払い続けても総支払い額が何年も微々たる変化しかなく終わりがない」となっている方は支払いの明細書をみてください。

キャッシングやクレジットカードのショッピングをリボ払いをしていると「手数料」と書かれている部分があると思います。

この手数料が支払い利息です。多くの消費者金融やクレジットカードの手数料は平均して15%ほどに設定されています。※カード会社や消費者金融によってはMAX18%まで設定されます。

例えば30万円借りたとして毎月最低額の10,000円ほどの支払いを行っていても毎月の利息が5,000円近く取られ元金に返済されるのは1年経っとしてもたった6万円ほどにしかならないのです。

当然ながら元々借りた元本の金額が減る様子がなく無駄に年間半分近くの利息を払う計算になっているのです。

これがもしも100万円、200万円で借金をしているならとんでもないことです。こんな状況の返済を私は行っていたので当然ながらこの借金地獄からは逃れることができません。

債務整理をするという決断

もしもこんな借金生活がずっと続くのなら、今後いろいろやりたかった人生を諦めるほどに毎日が楽しく思えず借金とずっと向き合った無駄な時間を過ごしてしまいます。

このまま終わるだろうなと思っていた矢先に、友人から債務整理で借金を減らせたという話を聞きました。

ちょっと昔にテレビCMなどで流行った「過払い請求」や「債務整理」というワードを聞いたことがありませんか?

私はこの手続きを行って数百万の借金を軽減させて借金の返済に追われることなく生活できるようになった友人の話を詳しく聞いて「債務整理をやる」と決断しました。

弁護士や司法書士に相談をする債務整理という手続きは正直私は事件性があるものだとか、未体験なので当然ながら怖い手続きと考えていました。

ただしそういうことはありません。この手続を行うことによって逮捕されるようなことは一切なく、今の現状から開放される可能性のほうが高く借金の悩みをずっと抱えず生きていくよりは返って楽になるということを理解しました。

そしてそういった手続きを行ったことのない人に対して相談所のほとんどが無料相談ができるので自分の状況をすべて正直に話せば法律の観点から自分では考えもつかないような解決策を教えてもらえ良い方向に導いてくれます。

借金の問題はもちろん家族や友人にも言いにくいですし会社にバレたりしないかを考えてしまいそうですが、そういうことはありません。

しっかりとプライバシーを尊重しつつ「どの方法で借金問題を解決していくのが最適な手段なのか」ということを司法書士の方もしくは弁護士の方が解決策を考えてくれます。

債務整理を依頼するとどうなる?

ずっと払っても意味のない消費者金融やクレジットカードの利益となる利息を払い続けてもこの借金のサイクルからはなかなか逃れられない方が大半です。

債務整理は借金の利息をカットして元金だけを返済するようする手続きになります。

また借金額を減らすという大掛かりな手続きに対して司法書士や弁護士に支払う金額を気にしている方が多いかもしれません。

当然ながら司法書士や弁護士も相談に来てくれた債務者(私たち)の借金に苦しんでいる方の状況をしっかりと理解していますので、手続きにかかる費用に関しても柔軟に対応してくれます。

むしろ安心感のほうが強いので心配しなくて大丈夫です。私が司法書士さんにお願いした費用は分割で対応してくれゆっくり自分のペースで払うようにしてもらえました。

司法書士から依頼してみる

弁護士と司法書士であれば司法書士のほうが費用が安いですが、法的手続きを本格的に行えるのはやはり弁護士です。

ただし自分の借金の状況や手続きの内容によってはより費用の安い司法書士経由の手続きで済むケースも多いのでまずは司法書士に相談することをおすすめします。

以下のみつ葉司法書士であれば

  • 「相談がいつでも無料」
  • 「会社・家族にはバレずに解決」
  • 「365日24時間受け付け」
  • 「専属チームがフルサポート」

という手厚いサポートと安心して相談ができる環境が整っているので司法書士相談ではおすすめできます。↓


また司法書士に相談した上で司法書士で対応できない案件であれば「その内容であれば弁護士さんへ」としっかりと言ってくれます。

そのためまずは司法書士に相談し借金問題からいち早く人生を立て直すために勇気を出して相談してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 消費者金融や融資を受けて毎月借金の返済に追われている人の気持ちは痛いほどわかります。私も借金…
  2. 利息制限法と出資法が混在していた2010年以前に消費者金融などでカードローンを利用され、20%を超え…
  3. 消費者金融などのカードローンを使っている方がテレビCMなどで「払いすぎた利息が帰ってきます」といった…
PAGE TOP